私がハロープロジェクトを何となく好きな理由

ハロープロジェクト

ハロープロジェクトが何となく好きだ。

ここで言う「何となく」はお金を殆ど落としていない超ライトファンという意味。

フィギュアスケートに比べてとても簡潔。

 

スポンサーリンク

 

モー娘。黄金期に対する複雑な感情

アイドルに対する思いは複雑で、小学生頃はモーニング娘。が流行っていたけれど「好き」であり「嫌い」であった。

近所の駄菓子屋でモーニング娘。のメンバーが写ったカードを購入した記憶はあるし、プッチモニのCDを買ったこともある。

でもそんな行動とは裏腹に「流行り物」に対して素直に好き!というのは躊躇われた。

この思いはその後にも通じることだけれど、当時から捻くれの片鱗が見える。

その後ハロプロブームは去り、私自身も別の音楽をより好むようになって繋がりは途絶えた。

 

ハロプロと再会、プラチナ期の衝撃

そんな私がハロプロに再び興味を持ったのは2012年夏。

実を言うと正確には覚えていないが、ちょうどモーニング娘。のone two threeが発売した頃で「モー娘。のアイツ」が話題になっていた。

「モー娘。のアイツ」というのは鈴木香音ことズッキ。

何が話題になっていたかといえば、アイドルにしては少々太ましいというネガティブな事柄だった。

そんな記事を見かけて「今のモー娘。ってどんなもんだろう?」と動画を見たんだと思う。

そこで衝撃を受けたのは「今」というより少し前のモーニング娘。

 

モーニング娘。 『リゾナント ブルー』 (MV)

 

いわゆるプラチナ期と呼ばれている頃だ。それまで自分の中にあったアイドル像をぶっ壊す、かっこいいアイドルがそこには居た。

特にリゾナントブルー、かっこいい曲をかっこいいビジュアルでかっこよく歌い上げる。

モーニング娘。ってこんなことになっていたのか!もう少し早く知っていれば!!などと思ったものだ。

この衝撃的な出会いにより、私はハロプロ好きになった。

 

スポンサーリンク

 

現在までのファン状況

その後どうやって今に至ったかは朧気だ。

種々の動画を漁り、ライブや曲の感想・考察を読み、メンバーのブログを読み。

衝撃を受けたとは言えのめり込むほどではなく、上記のことをゆるゆるとやっていた気がする。

そして現在は週に一度のYouTube番組ハロステを見て、娘。を中心にメンバーのブログを読んでいる。

テレビはハロプロレギュラーのThe Girls Liveを録画しているがライブ部分以外あまりちゃんと見てはいない。

その程度、文字にしてみると改めて超ライトファンだな。

最近はメンバーをゆるく愛でつつ、いい曲が聞けたらいいなあと見守っている。

昔は素直に好きと言えなかったけど、年を経たせいか「愛でる」「見守る」ことが自然になった。

 

ハロープロジェクトが何となく好き

ハロプロを何故追っているのだろう?と時々考える。

確かに最初はプラチナ期のかっこよさに衝撃を受けた。

しかし現在のハロプロにプラチナ期メンバーは居ないし(イズムはどこかしらに継承されているとしても)可愛いを愛でて癒される気持ちはあれど、可愛いことに特別執着があるわけでもない。

歌がうまいのが良ければもっと別の歌手がいる。ダンスはあまり興味ない。曲も良し悪しがあって特別大好きというほどではない。

もちろん良いと思う曲もあるし歌がうまい!と思うメンバーも居るけれど、もっと別のところをみるとそれ以上が居るよね、って話。

そんな風に考えているのに追うことをやめていない。まさに「何となく」

タイトルとURLをコピーしました